その他

地図を作るということ

友人から教わった手順で、エクセルの図形描画機能を使い地図作成を行ってみたところ、思いのほか順調に作成できたので、思わず嬉しい気持ちを抑えきれずに、何かの配布物を作成して、人に見てもらいたくなってしまいました。ちょうど引越しのお知らせや、飲み会などの集まりや、ママ友のお茶会などの、配布物を配る予定が全く入っていなかったので、最寄駅から商店街にある行き着けのラーメン屋さんまでの地図作成を行ってみて、ラーメン屋さんに食事がてら娘とパソコンで作った自作の地図を見せに行きました。娘は同行すれば、ラーメンが食べられると喜んで、一緒に着いてきました。ラーメン屋さんに到着するなり、自作の地図を、お馴染みの店主にみせると驚いた顔をして、唐突に、「今度、うちのチラシを作ってくれないかな?」と、お願いされてしまいました。そんなにキレイに地図作成ができているのかと、尋ねたところ、プロが作った地図に見えたというのです。私は気を良くして、ラーメン屋さんの店主の申し出を、ラーメン10杯無料券と引き換えに、突然ながらも承諾してしまいました。娘は近々、またラーメンが食べられることに大喜びをしてラーメン屋さんからの帰り道、自宅までの道のりをぴょんぴょん、ぴょんぴょん飛び跳ねていました。ラーメン屋の店主が言うには、「チラシに地図を載せる事で、集客率がアップすると聞いていたので、以前に自分でも地図作成に挑戦してみたのだけれど、手書きの地図は見栄えが悪く、チラシとしては体裁が悪かったからか、駅前で配布したチラシの手書き地図を頼りにお店まで来てくれた初めてのお客さんが、商店街の途中で道に迷ったと半分、怒りながらお店に入ってきた事があってね。」と話してくれたので、手書きの地図作成で他人様に迷惑をお掛けして失敗をしたのは、私だけではなかったのだと、ラーメン屋さんの店主に励まされた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です