お部屋全般, 不用品処分/断捨離, 整理整頓/収納

モノと人のご縁は似ている

クローゼットの中にあるモノというのは、人のご縁と似ています。
買ったものやもらったもの、いまクローゼットの中にあるものすべて必要なモノというわけではなく「これはちょっと苦手」とか「ちょっと気が合わない」というモノがあって当然のことなのです。

以前はとても大切に思っていたのに、今は何とも思わないということだって人間関係でもよくありますよね。あれだけ仲良しだったのに、いつの間にか疎遠になったというようなことも。今の自分にとって「やっぱりこれが大切」とあらためて思えたら大切にすることができます。

モノは勝手に疎遠になっていなくなるということはなく、必ず自分からサヨナラをしないといけないものなのです。
片付けというのは、ただモノをきれいに収納するということではなく、不要なモノを手放すというプロセスが欠かせません。

なぜか義務感に支配されて残していたモノはありませんか?
その義理感に思うことは、もう今のあなたには必要のないことだと心においてみてください。
自分がレベルアップするためにも執着心はなくしましょう。

 

パワースポットというのは、その場所にいくだけでなぜかパワーをもらえる感じがしますよね。
もしそれが自分の家だったり、スッキリしたクローゼットになったら嬉しくありませんか?そのためには、今の自分が心に感じていることを逃さずしっかり聞いてみてください。
さよならするのかしないのか「いると思ったモノは残す」というやり方で、スタートしてみてください。逆に今の私にはもうこれは必要ないと思ったら手放しましょう。
途中でくじけても大丈夫です。丁寧に判断していくということは、自分自身を大切にすることにも繋がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です