お部屋全般, 不用品処分/断捨離

処分しづらいもの

処分に困るものでよくあるのは、お子さんが一生懸命書いてくれた絵や工作です。親として残しておきたい気持ちは山々だけど、
だんだんと増えていく一方で収納を圧迫する可能性もあります。これは絶対にとっておきたいもの以外は、一定の期間を決めて飾ったあとは、写真を撮ってさよならすることです。
子どももいつか成長し、家を出ていくことになります。写真として残しておけば場所も取らず思い返すこともできますし、罪悪感もなくなります。
そして、お子さんがいるご家庭に必ずあるのがベビーカー。しかし役目を終えたベビーカーはどうすればよいのでしょうか?

洋服や靴と同じようにベビーカーにも流行があります。
人気のメーカーや色デザインなどなど数年おきに変わっています。
使用年数は少しでも、お子様が小さい頃に毎日のように使ったり、遠くまで出かけたりと使用頻度は多いかと思いますので、保管状態をしっかりしておかないと
あっという間に劣化してしまいます。劣化してしまったベビーカーに大切な赤ちゃんを乗せられませんよね。

なのでベビーカーの寿命は人によって様々ではありますが、予想しているより遥かに短いとお考えください。
ベビーカーを買うときのお値段も安いものから高いものまで色々な種類があります。
高価なベビーカーは中古でも需要が高いです。捨てるのがもったいないとお考えの方は、早めにリサイクルショップなどで引き取ってもらうか、
インターネットのオークションなどに出せばすぐ買い手がつくこともあります。
さきほどもお伝えしましたが、ベビーカーには流行があるので、次のお子さん予定がない場合は、できるだけ早く上記のようなやり方で手放すことをおススメします。