お部屋全般, 掃除

エアコンの掃除

エアコンもほうって置くと嫌なにおいがしてきますよね。
エアコンは空気中にあるほこりやゴミを一緒に吸い込みますが、エアコン内にあるフィルターを通して排出されているため、吸い込んだほこりやゴミが空気と一緒に
排出されることはありません。ですが、フィルターにほこりやゴミが溜まったまま放置をしていると、空気の流れが悪くなりその分空気をたくさん取り込もうとするため、
消費電力が上がり電気代が上がってしまいます。
ほこりやゴミが溜まっていると、カビが発生しやすくエアコン内で発生したカビは、やがて排出される空気に紛れて部屋に排出されてしまいます。夏にエアコンの中に居すぎて風邪を引いてしまったかなと思っていたら、実はエアコンから出ていたカビが原因で、咳や鼻水が出ていたということもよくあるパターンです。それを防ぐためにもエアコンはしっかり掃除しましょう。
まずは、掃除の前に必ずコンセントを抜きます。
エアコン上部のほこりやゴミは、水で濡らして固く絞った雑巾で拭き取ります。前面のパネルを外し、パネルとフィルターの汚れを取りましょう。

フィルターは無理やり外そうとすると破損の原因になるので、静かに取り外して下さい。フィルターに溜まったほこりやゴミは、最初掃除機で吸うのがよいでしょう。
掃除機で吸い出せなかったホコリやごみは、使い古しのハブラシなどで軽く擦るとよく取れます。それでもまだ汚れが落ちない場合は、シャワーを掛けてみてください。
ただし、そのあとは十分日陰で干してください。半乾きだとカビ発生の原因になります。吹き出し口やルーバーの汚れも拭き取り、
最後に電源を入れてファンのモーターのみを動かす送風運転を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です