Uncategorized

バスルームのお片づけ

バスルームは掃除のしやすい空間にしましょう。カビやすい場所なので、余分なものは置かないように。シャンプーやリンス、トリートメント、ボディソープや石鹸などは、できるだけ水はけが良いラックに置きます。その時に収納量が多いラックを用意するのは要注意です。余計なものまで置いてしまい、掃除がしにくくなります。手入れをラクにするためにも、カビが発生する原因を少なくするためにも置くものは最小限にしましょう。

例えば洗面脱衣所が狭い場合は、脱衣かごは日中はバスルームに入れておくといいでしょう。そうすることで洗面脱衣スペースが広くなります。バスタブの蓋の上に置いておけば、最初にお風呂に入る人が出すことになるので、家事を担当している人の手間にはなりません。

ボディタオルや掃除用具は、座ったまま手が届く場所につるしておきましょう。すぐに手が届きますし、排水口など汚れが目についた時も手元にすぐに用意できれば掃除がさっとできますよね。

洗剤やシャンプー類の買い置きは、本当に使うものだけを用意し、必要最小限に洗面脱衣スペース等に置きましょう。収納方法は、ただ置くだけで大丈夫。シンプルが収納しやすく片付けやすく、出し入れしやすいのです。替えの歯ブラシや歯磨き粉など、細かいものはかごを使ってまとめておきましょう。扉の裏にハサミを置いておくと便利です。洗剤やシャンプーを詰め替える時に必要になってくるハサミですが、わざわざとりに行く必要がなくなります。ゴム手袋なども扉の裏に置いておくといいでしょう。

手元にある、すぐに取れる、すぐに準備できる、がバスルームの掃除を面倒にさせない準備であり、きれいなバスルームを保つコツになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です