衣類の収納

衣類の収納のポイントはハンガーにかけてつるしたり、フックにかけてつるすことです。たたむ必要がないので、出来得る限り、場所が許す限りつるしましょう。しかしセーターや衣類によってはハンガーの跡がついてしまうので畳ん収納します。畳んだ服は引き出しよりも棚に入れてみましょう。一般的には整理ダンスの引き出しに入れますが、何段目のどこにどんな服が入っているかなんてなかなか全てを把握できませんよね。目当ての服を探すのにいろんな引き出しを開けたり閉めたりしてようやく目的の服が見つかるのが普通です。しかし棚に重ねて置くと押し入れやクローゼットの扉を開けただけで全ての服がひと目で分かります。

最もラクな衣類の収納方法は前述したとおりハンガーやフックにかけてつるすことです。1本のハンガーに一着、もしくはコーディネートした一式をかけます。違う服を重ねてかけてしまうと、ここにあったはず、と探さなければいけなくなったり、どこにあったか、そもそも持っていたか忘れてしまったりする場合があるので気をつけるのが懸命です。

ハンガーは使い分けましょう。スーツには、バーに滑り止めがついている、スラックスがずり落ちにくくかけやすいハンガーを選びましょう。女性用のスーツ、スカートはコーディネート一式をかけます。女性のスラックスは軽いので、裾をクリップに挟んでも型が崩れず、逆さにしていればある程度のシワも取れるのでクリップの付いたハンガーを選びましょう。

服が溜まる事を防ぐためにも、棚収納が理想です。着ていない服がひと目でわかると処分しやすくなりますよね。余計なものを持たない。そうすれば収納場所は自ずと増え、他のものをしまえるようになるでしょう。

更新日:

Copyright© ♩片付け上手と呼ばないで♩ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.