押入れの収納

押入れとは本来、布団などの寝具を収納する場所です。他のものを使いやすくしまうには収納用品が必要になってきます。どこにでも言えることですが、何を収納したいかをはっきりさせて収納用品を揃えましょう。上段、下段によって適切な収納用品は異なりますので、それらを使いこなします。天袋は実は使いにくい場所です、ここの他にしまう場所がないというケース以外では使いこなそうとは思わないのが良いでしょう。脚立に乗ってものを出し入れするのは危険なので、もしここに収納するものがあるのならば捨てられないものや思い出の品などを選択するといいでしょう。日常生活で怪我をするリスクは少しでも減らしたいものです。

持ち家の場合、押し入れを改造してもいいでしょう。そうすると使いやすい大量収納になります。

押入れの上段には棚やハンガーを用意するといいでしょう。衣類を吊るすにはスタンドハンガー、その他のものは棚に収納します。奥のスペースを使わずに手前にハンガースタンドなどを置いた方がラクに出し入れできます。

上段下段共通の使い方としては、引き出しや押し入れ台、すのこ板を使用する方法です。よく使うものは両端に入れてみましょう。そうすると襖を少し開けるだけで取り出すことが容易になります。

下段は引き出し式ケースやキャスターの付いた収納用品を利用するといいでしょう。入れるものによってキャスター式の棚にするが引き出しにするか決めます。奥行きや出し入れのし易さを考え、確認してからどんな収納用品を準備するか決めましょう。これは下段に限らず、上段、天袋、家中どこでも言えることです。最初の一手間をかけることによって後々の片付けをぐっとラクにしてくれるのです。

更新日:

Copyright© ♩片付け上手と呼ばないで♩ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.