ゴミ箱、生ゴミの片付け

キッチンにどうしても外せないものはゴミ。生ゴミも出ますね。ゴミは、ゴミの量の多い順に捨て易さを考えて置きましょう。ゴミの分別は自治体によって様々ですが、優先順位をつけて捨てやすい位置にゴミ箱やゴミ袋を置きましょう。

フックにレジ袋を吊るすタイプも便利です。けれど生ゴミの臭いがきになってしまいますよね。それを防ぐには、濡れたゴミをふやさない、臭いが出ない捨て方にする、がポイントです。調理をしながら、生ゴミ処理のことを考えつつ作業してみましょう。生ゴミ用にステンレス製の容器を用意します。予め新聞紙をしき、野菜や果物の皮などは皮むきをする時に濡れないように直接ゴミ用の容器にすてましょう。使用済みのラップもよく水を切ります。排水口の中もよく水を切って捨てましょう。新聞紙もシンクの近くに収納しておき、生ゴミがいっぱいになったら新聞紙を取り出します。ある程度の水分は新聞紙が吸ってくれるので、気にせず新聞紙で生ゴミを包んでしまいます。シンク下の引き出しにこれまた予めビニール袋を準備しておきます。そこから取り出したビニール袋に新聞紙で包んだ生ゴミを入れ、ゴミ箱に捨てれば終了です。生ゴミを捨てるという事をスムーズに行うために、事前に何をどこに収納するか、どうしまうかを考えてキッチンの収納を考えてみましょう。事前の下準備が今後をぐっとラクにしてくれます。

昨今重要視されているエコバックはすぐ取れる場所がやはり便利。買い物に出かける際に、目立たないけれどすぐ取れる場所にしまっておくのがいいでしょう。買い物袋をかける場所は、例えばエプロンをかけるような、あまり目立たずかつ取り出しやすい場所を想像してみるといいでしょう。

更新日:

Copyright© ♩片付け上手と呼ばないで♩ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.