クローゼット収納、男性にもおすすめ

ハンガーを揃えると、服が増えることを防止することに繋がります。クリーニング店のハンガーをよく使う方が多いかもしれませんが、勝手に増殖するのがそのハンガーです。ハンガーパイプがギュウギュウになると、服が増えすぎたよ、というサインにつながることにもなります。なので、ハンガーを最初から揃えておくとハンガーパイプがすっきりしたままになるのです。

押し入れほどの深い奥行きがあっても、無理に置くまでみっしりと詰めないようにしたほうがいいようです。有効に衣類を収納したいと思いがちですが、今までこまめに出し入れをしなかった人が一朝一夕で身につくものではありませんし、かえって奥にしまった衣類がとりだせず、同じような衣類が増える原因になってしまうかもしれません。これからも自分は変わらないと考え、奥には寝具や季節外の家電品など、出し入れの少ない大きな、衣類以外のものを入れてみましょう。

上から下までの身支度が一箇所で完結するように、身支度に必要なものをまとめて収納することが特に男性にはおすすめです。すばやく着替えることができますし、衣類があちらこちらに散乱することも防げます。ワイシャツは襟を互い違いにして重ねると崩れません。スーツやコートから出したものは指定席を決めておきましょう。時計や名刺入れや定期、そういったものの指定席を決めておくことで次に使う時に見当たらない、なんてこともなくなります。

クローゼットにはスーツを外した空のハンガーを掛けておく場所を用意してみましょう。扉の上に引っ掛けるタイプでも便利です。ハンガーが見えていると目印にもなりますし、かけやすいですし、脱いだ直後の臭いや湿気を飛ばすこともでき一石二鳥以上です。