ウォークインクローゼット収納

位置やサイズによっては面積が無駄になってしまうという、盲点があるのがウォークインクローゼットです。歩く面積が発生するので、そこにものは置けませんよね。ウォークインクローゼットは実際には片側の壁面には意外と何も置けないようなのです。ハンガーに服をかけるには幅が50cm~60cm必要で、残りの幅はハンガーにかけた服を取り出したり歩いたりするために必要なスペースだったのです。そうすると壁面には何も置けませんよね。突き当りに引き出しを置いてみても、ウォークインクローゼットのデザインによっては奥に吊るした服が取りにくくなってしまいます。意外と人が動くスペースを考えていない、見落とされている設計が少なくないのがウォークインクローゼットだそうです。むしろ普通のクローゼットのほうが歩く歩数も少なく、出し入れも簡単にできます。

広く見えるけれど、収納できる量が変わらないクローゼットもあります。ウォークインクローゼットのほうが衣類が一着分ほど多くしまえるけれど、それだけしか違わないデザインもあります。扉をあけてウォークインクローゼットに入ってみると狭かったり暗かったり、衣類やその他のしまっているものの出し入れが大変になってしまう場合があるのです。普通の、同じくらいの収納量のクローゼットを選ぶと、出し入れが簡単になる他に、部屋の面積が広がる場合があります。そうするとシングルベッドが2台置くことができ、広々とした寝室として使えるなどの利点も出てきます。

片付けの仕方はどちらが自分に向いているか。それを吟味しながらウォークインクローゼットを選ぶ必要があるようですね。動作空間を忘れずにチェックすることがクローゼット選びのコツのようです。

更新日:

Copyright© ♩片付け上手と呼ばないで♩ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.